片桐 タカノリ

カテゴリ

全体
Full Order
SR400/500
W650/400
ESTRELLA
grasstracker
250TR
Harley-Davidson
Z
CB
Parts
XS
サイレンサーの作り方
Other
ガソリンタンクの加工の仕方
Private
event
12・24ヵ月点検(車検整備)
車検
納車整備
日常点検・整備

以前の記事

2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

画像一覧

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Katagiri / MOTOR ROCK

ガソリンタンク製作

 今日はSR400/500用 ボンネビルタンクキット (MR-SM060) の製作です。
ガソリンタンク製作_a0139843_21051877.jpg
申し訳ございません。製作中の画像はございません。
裏面はこんなん
ガソリンタンク製作_a0139843_21053346.jpg
いつものように圧力をかけて漏れをチェック
ガソリンタンク製作_a0139843_21055108.jpg
当たり前のように一発OK
ガソリンタンク製作_a0139843_21054374.jpg
洗剤を使って再度チェック 当然OK
ガソリンタンク製作_a0139843_21060029.jpg
今回で3個目、まだまだ製作方法が煮詰まってないので、現車に合わせて取り付け確認します
ガソリンタンク製作_a0139843_21060951.jpg
車体とのクリアランスを小さく製作しておりますので、
振動や個体差でフレームに接触する場合は、
ゴムシートなどをタンク裏面に貼り付けてお取り付け下さい。
ガソリンタンク製作_a0139843_21062177.jpg
表面はパーカーライジング処理をしてありますが、あくまでも塗装の下地の錆止めです。
塗装せず使用するのは、お勧めできません。

W650/400用 69タンク Type1 クローム (MR-SM039CH)も本日鍍金処理から帰ってきました。
ガソリンタンク製作_a0139843_21064362.jpg
ようやく、信頼できる鍍金業者様に巡り合えました。
とはいっても電化製品のメーカーの品質にはまだ届きません、
商品自体の品質も含めてもっともっと頑張ります。
ガソリンタンク製作_a0139843_21063121.jpg
今日もお疲れさまでした。


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2016-10-30 21:18 | Parts

FLSTCのオイル漏れ修理と車検整備

先日車検を取得した宮島様のハーレーですね
まずは通常のブレーキ・足回りを中心とした車検整備を終えて(写真ないや すいません)
FLSTCのオイル漏れ修理と車検整備_a0139843_00073051.jpg
今回はヘッドガスケットが吹き抜けているのでそれの修理
FLSTCのオイル漏れ修理と車検整備_a0139843_00111299.jpg
ついでにシリンダーベースや、あちらこちらからのオイル漏れが酷くなってきたのでガスケット交換です。
FLSTCのオイル漏れ修理と車検整備_a0139843_00073886.jpg
分解しながら、部品の構造をよく観察します、
ハーレーダビットソン特有のノウハウはまだまだ勉強中ですが
オートバイの部品として必要な寸法・作りをよく考えながら作業します。
FLSTCのオイル漏れ修理と車検整備_a0139843_00074585.jpg
これから付ける部品と外した部品も組み付け前に比較して、社外品 純正品 年式違い 
などなど、可能な限り起こりうるトラブルを事前に予測してから組み付け作業に入ります。

仕事の基本は、誰も信じるな! です。 

なんか病んでる人みたいですが、部品や人を当てにせず自分の判断と責任で物事を進めましょうって意味です。他人と協力するな!っという意味ではありません。
FLSTCのオイル漏れ修理と車検整備_a0139843_00110438.jpg
ついでにシリンダーやピストンの状態も簡単ではありますが計測しておきます。
FLSTCのオイル漏れ修理と車検整備_a0139843_00081721.jpg
さー組み付け開始です。


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2016-10-27 00:22 | Harley-Davidson

ソフテイルの車検 と パソコンのお仕事

宮島さんのソフテイル車検いってきましたよ
ソフテイルの車検 と パソコンのお仕事_a0139843_20391550.jpg
安定の朝一番乗りです。今週中には車検整備とガスケット交換作業できると思います。
ソフテイルの車検 と パソコンのお仕事_a0139843_20392321.jpg
営業後は自宅兼設計事務所で、全ての商品の3Dデータ化を着々と進めてます。
ソフテイルの車検 と パソコンのお仕事_a0139843_20393066.jpg
コバができあがったデータをPDFにして、オンラインストアの各商品ページから見れるようにしてくれてます。
ソフテイルの車検 と パソコンのお仕事_a0139843_21051563.jpg
自作派の人や流用をお考えの人は参考にしてくださいね
ソフテイルの車検 と パソコンのお仕事_a0139843_20393784.jpg
今日もお疲れさまでした。



Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2016-10-23 20:48 | Harley-Davidson

69タンク

今日は69タンク
バックオーダーのお客さま、お待たせして大変申し訳ございません。
69タンク_a0139843_01211032.jpeg
W650 400用ですね、タンク・スイングアームなどの高額パーツは一個ずつしか在庫しておりません。
注文のタイミングによっては、お待ちして頂くことも多々あると思います。
貧乏所帯なのでなにとぞご容赦頂けますようお願い致します。
69タンク_a0139843_01252058.jpeg
実は、鍍金でワンオフタンク作ってとお願いして
仕事として受けいれる事のできるカスタムショップって日本に10店舗もないと思います。(このタンクはワンオフではないですよ)
69タンク_a0139843_01311872.jpeg
当店もまだまだ、日本車の純正部品や電化製品のメーカーの品質には遠く及びませんが、
それらに勝てる様に日々研究しております。
69タンク_a0139843_01364106.jpeg
明日鍍金に旅立ちます。今しばらくお待ち下さいませ
69タンク_a0139843_01374059.jpeg


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2016-10-16 01:19 | W650/400

10年乗れるカスタムバイク

 今日は田中さんのW650
4回目の車検、製作してから8年 
納車の時の車検をいれたら5回陸運局に持ち込みました。
次で10年ですね。
10年乗れるカスタムバイク_a0139843_15160036.jpg
最近モーターロックでは製作してから10年を越す車両が増えてきました。
製作時と同じオーナー様の車両、何人かのオーナーが引き継いでいる車両、様々ですが、
僕のような未熟者が製作したカスタムバイク
それでも乗り続けていただけてるのは、
本当に良いお客様に恵まれたからだと素直に思っております。
10年乗れるカスタムバイク_a0139843_15204703.jpg
フロントの足回りの整備
10年乗れるカスタムバイク_a0139843_15211826.jpg
後ろの足回りの整備
10年乗れるカスタムバイク_a0139843_15214113.jpg
安価なガソリンコックですが、適切な使用をすれば10年使えます
10年乗れるカスタムバイク_a0139843_15224367.jpg
キャブレターを外してマニホールドを点検
10年乗れるカスタムバイク_a0139843_15232166.jpg
純正エアクリーナーを外した車両は必ずキャブレターを保持しましょう。
小さな心遣いでマニホールドの寿命が1年~10年変わります。
SRではボルトオンの商品も用意しております
10年乗れるカスタムバイク_a0139843_15253129.jpg
オートバイは男の子が最初に手に入れる、公に認められた財産です。
そして最初に手放すことになる財産でもあります。

願わくば最初から最後まで、お客様のお手伝いをさせていただけたらと思っております。

今後ともよろしくお願いします。








Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2016-10-12 15:28 | W650/400

セパハン開発中! と スポーツスター初回点検

 まずは只今開発中、鉄の鋳物のラグを使用したセパレートハンドルです。
有名ショップのワンオフ品とかでよくある、あれですね。
セパハン開発中! と スポーツスター初回点検_a0139843_19015547.jpg
33φ 35φ 39φ とドカティスクランブラー倒立用 を予定してます
ぞれぞれ7/8インチと1インチ クロームとブラッククロームの
ラインナップになる予定です。
セパハン開発中! と スポーツスター初回点検_a0139843_19021223.jpg
タレ角は10度
クランプ部分を鋳造でコンパクトに設計して
取り付け位置の自由度 ハンドル切角など、
セパレートハンドル特有のネガティヴな要素を排除

この世で最も、
乗りやすく 取り付けやすく 頑丈
そして 美しい
セパレートハンドルです

断面はこんな感じ、鋳造部分の肉厚を厚く取りたいので、パイプの先端を絞り加工
クランプボルトはM10の一か所でクランプ個所の幅を薄くとり、取り付け位置の自由度を高くしています。
1本当たりの重量は図面上では400グラムほどです。
セパハン開発中! と スポーツスター初回点検_a0139843_19021726.jpg
下側から二か所のスポット溶接と差し込み部分を全周溶接
転倒時に力が掛かる個所を分散させます
セパハン開発中! と スポーツスター初回点検_a0139843_19020227.jpg
設計の段階で極力煮詰め、さらに現物での破壊テスト 走行テスト を繰り返し商品化にたどり着きます。
来春発売予定 価格設定は2万円前後を予定してます
楽しみしててくださいね。

最後に初回点検にきてくれた五郎丸くん、兵庫県・明石市からツーリングもかねて来てくれました。 
モーターロックでは、カスタム・車両販売の際 初回の点検を無料で行ってます。


ありがとー



Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2016-10-09 19:18 | Parts

SR ロングスイングアーム

今日はスイングアームアームの続きです
治具を旋盤にセットします
SR ロングスイングアーム_a0139843_21100341.jpeg
あらかじめ溶接しといたピボット部分のベアリング圧入部分を切削します。この時左右のベアリングハウジングの芯ずれは0.01mm以内にします。
SR ロングスイングアーム_a0139843_21130674.jpeg
次はいよいよ組み立て
SR ロングスイングアーム_a0139843_21141667.jpeg
溶接の熱による歪みを測定しながら、一定の手順で溶接していきます。
SR ロングスイングアーム_a0139843_21164438.jpeg
左右のアームの角度はチャーン引き上で0.2度以内
アクスルプレートの内寸法は+1mm〜0mm以内
ピボットの中心とアクスルプレートの中心は
指定の寸法に1mm以内
ピボットからアクスルまでの距離は±0に収めます。

溶接してから修正するのは極力避けたいので、溶接後に
狙った寸法になるように設計の段階から細かく詰めていきます。
SR ロングスイングアーム_a0139843_21265294.jpeg
あと5本明日も頑張ります!

Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2016-10-01 21:07 | Parts