片桐 タカノリ

カテゴリ

全体
Full Order
SR400/500
W650/400
ESTRELLA
grasstracker
Harley-Davidson
Z
CB
XS
Other
Parts
ガソリンタンクの加工の仕方
Private Bike
event
12・24ヵ月点検(車検整備)
車検
納車整備
日常点検・整備

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

画像一覧

カテゴリ:W650/400( 130 )

Katagiri / MOTOR ROCK

W650 マフラー製作

 冬休み最後の一日
なんとか時間を作ってW650の作業をしました。
というのも実はこの車両、予定より約1ヶ月遅れてます。
ヒョードー君、ほんとゴメンナサイ

車体の製作業務が一ヶ月遅れてるという事は、部品工場業務も一ヶ月遅れてます
バックオーダーでお待ちの通信販売で部品を購入してくれた皆様
ますますごめんなさい 全部ヒョードー君のせいです、人のせいにして誤魔化す作戦です
a0139843_18375684.jpg
等長無視ですが、なぜかレーシーな雰囲気になりました。
a0139843_18384836.jpg
打ち合わせの時の写真ですね。プリントアウトした紙に色鉛筆でお絵かきして
お客様にイメージを伝えます。
a0139843_18402735.jpg
手曲げと機械曲げを合わせて製作してます。
求める雰囲気によって一概ではありませんが、
セオリーとしてカッコイイマフラーは取り回しにたいして必要最小限の曲げ数で、
エンジンの近くでは曲げと曲げの間にストレート部分を設けない事が重要です。
a0139843_18435533.jpg
今日もお疲れさまでした。
明日から営業開始です

早く明日にならないかな、笑っちゃいますよね
休みが終わるのが楽しみなんて、世界で僕一人かもしれません。


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-01-03 18:44 | W650/400

一台で2台分遊べる W650

W650サスペンション付シートレールの取り付けが完了しました。
ノーマルシートもしくはW650のノーマルフレームに対応する
社外シートが取り付けできるようになってます
a0139843_20583898.jpg
これが
a0139843_21000325.jpg
部品の組み替えのみで、こんな風になっちゃいます
a0139843_21002695.jpg
作業時間はバイクの整備経験者なら1時間~2時間ほど
車検のたびにスタイル変更はもちろん、
ツーリングの行きはチョッパー 帰りはカフェレーサー なんてことも可能です
(工具と部品を背負って行く必要がありますが)

まさに一台で2台分のフルカスタム車両を所有するのと同じくらい楽しく遊べます。

今日の作業はバッテリーケースの製作です
a0139843_21053010.jpg
丸っこくてカワイイ奴です

今日もお疲れさまでした。


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-25 21:08 | W650/400

W650 ボルトオンシートレール

 W650の続きです。今日の作業は今回の車両製作で一番やりがいがある部分なんです。
腕の見せ所って奴ですね(他店との差が露骨に出る部分の一つです)

いままでのタンクやフェンダー・ハードテイルは実はおまけみたいなもん
時間かければ似たような物は案外簡単にできるものだったりします。
a0139843_20112469.jpg

本音を言うと板金とか溶接とかでボクの仕事を見て欲しくなかったりします。

蛇足ですが、外部業者様や同業者様・または製造業のお客様でボクの溶接を
褒めて頂けることが多々あるのですが
素直に嬉しく思うのと同時に、この人はまだまだ経験不足なんだな~っ
もしくは物作りの本質を理解してない
商品を作る工程の一部しか知らないのだと 正直失望します

理由は綺麗な溶接なんて誰でもできるんです、
今は機械の性能が上がってますし専門職で3ヶ月アルバイトをした
高校生なら同等の仕事をこなします。

溶接に関していえば、大事なのは綺麗なビードをひくことではなく、
材料・製作物に合わせた的確な判断ができる事
それが上手ってことです。

旋盤でも同じですね1000分の1 10000分の1 が上手って訳じゃ無いんです

全ての工作にいえる事ですが、
大切なのは設計段階で可能な限り煮詰め、的確な作業計画ができる事と、
作業中に的確な状況判断ができること
そしてもっと良くするにはどうすべきか常に考える事です
小手先の技術じゃありません。

もっといえば芸術作品ではなく製品である以上
一番大切なのはクライアントにどれだけ大きな喜びを提供できるか?
が一番大事です。

土地柄、お客様の95%が製造業 
航空機・自動車・建築 関連のプロフェッショナル達です
どうしてもそういう部分が気になってしまいます
バイクを楽しむには全く関係無いことは理解しております。
生意気いってすいません。
a0139843_21423426.jpg
さてさてっどうでもいい事はおいといてW650の続きです

じゃじゃーん

トランスフォームさせますコンボイですね。
車検対策のためですが、
ワンピースのリジットフレームよりボルオン形式の方が雰囲気でますね
古い英車で良くある作りなので当然といえば当然です。
a0139843_20141742.jpg
ハードテイル→サス付フレームに組み替え時に短時間で作業が完了する設計
今回のメインテーマです(あくまで作り手側のですが)
a0139843_20511928.jpg
当然バッテリーケースは外さなくても良いように車体側にマウント
テールランプ・ウインカーのハーネスもワンタッチ
シートの脱着も簡単に
ガソリンタンクを外す必要が無いように

今回のお仕事を頂いた日からそのことばかりずっと考えてました。
a0139843_20194551.jpg
シートレールが取れるフレームって本当に便利ですね
はじめからそうならいいのに
a0139843_20204851.jpg
違うスタイルにも変更が簡単ですので、沢山遊べますよ。
ジジイになって腰をいわしても安心です
くたばるまで遊んじゃって下さいませ。

今日もお疲れさまでした。

Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-23 20:22 | W650/400

W650 保安部品の取り付け

 今日はW650に灯日類やマスターシリンダー スロットルホルダー 
クラッチレバー グリップ スピードメーターなどの取り付けをおこないました。
a0139843_21031710.jpg
公道を走るための車両ですからね、当然です
でも少なからず車体の雰囲気・シルエットを変えてしまうのが頭を悩ますところです。
とくにレーサーライクな車体は無いより格好良くすることは、難しいです。
a0139843_21065293.jpg
個人的な意見ですが、きちんとした灯日類が付いてた方が
人間的にはカッコイイと思います。
逆に旧車だから法的に問題ないとか平気で口にする人は人としてアウトだと思ってます
(気持ちはわかりますが)

ボクが言っても説得力ありませんね ゴメンナサイ
a0139843_21101830.jpg
写真はテールランプ 
元々の取り付けボルトが頼りなかったので、ブラケットを溶接しました。

薄肉のボデーに溶接するので低温で歪まないように
2面2枚ステーで一つの溶接箇所に負担が集中しないように
(1箇所破断しても脱落しないように)
なにげない作業でも色々考えてるんですよ
a0139843_21111807.jpg
バッチリです
a0139843_21114593.jpg
今日もお疲れさまでした。


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-20 21:13 | W650/400

W650 作戦会議

今日はW650の打ち合わせです。 ヒョードー君ありがとー
a0139843_20295103.jpg
ハンドル・マフラー・ステップ の会議ですね
実際にまたがってもらいベストなポジション・ルックスを模索します
a0139843_20302918.jpg
ハンドルは似合うと思う物を数種類実際に取り付けて相談
a0139843_20310602.jpg


マフラーはワンオフドラッグパイプ 左出しの変速的なUPにします
a0139843_20315409.jpg
作業の方はフェンダーの補強とナンバープレートの取り付けブラケットの製作です。
a0139843_20441141.jpg
クラック防止はもちろんですが、灯日類の球切れ・ビビリ音の防止のためです。
車のボンネットの裏みたいですね。
a0139843_20454690.jpg
純正のフェンダーには当然のように付いてます
たまに同業者様に、良くそんな面倒くさい作業するね? 的なことを言われますが
MOTORROCKでは普通の作業です。
特別な事を無理してやるのではなく、
当たり前のことを普通にやれるようにすることが大事です。
そして自分の中の当たり前のレベルを少しずつ上げていくんですね。
a0139843_20501444.jpg
難しい 大変 面倒くさい 時間がかかる 材料代 が・・・・なんて言い分けをすると

「それを解決するのがおまえの仕事やろ! 
只作業するだけならロボットかバイトで十分だ!」

なんて言われちゃいますよ
問題を解決する事に喜びを感じるようになると仕事が面白くなります

うーんでも地味な作業です。

明日は電装BOXの製作です
今日もお疲れさまでした。

Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-18 20:42 | W650/400

W650 フェンダーステー製作

 W650はリヤフェンダーのステーの製作です
a0139843_21321298.jpg
アンティークな家具風だけど高級感が出ないように
古いヒルクライマーやガレージビルドの雰囲気がでるように
a0139843_21341551.jpg
見た目は重厚 でも重量は軽量 強度は頑丈
鋳物風のラグ仕上げ
泥臭さいけど安っぽくならないように、でも高級感はいらない
難しいけどちょうど良いところを狙います
a0139843_21362594.jpg
見た目だけでなく、
後々フェンダーにピッタリのシートが作りたくなったり
二人乗りしたくなったり
キャリヤを付けて旅をしたくなったり
テールランプの交換・ナンバープレートの位置変更
などなど
納車した後の事を考え抜いて設計してあります。
a0139843_21393271.jpg
カッコイイのは当たり前
大事なのはそこから先なんです

安定のラバーマウント
a0139843_21410457.jpg
この隙間は男の美学
a0139843_21415529.jpg
明日はハンドル マフラー ステップの作戦会議
a0139843_21423426.jpg
人を幸せにするバイク作りを目指してます

今日もお疲れさまでした。

Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-17 21:43 | W650/400

W650 オートレーサーシートの続き

昨日の作業の続きです
いつものように完成写真から
a0139843_20483702.jpg
細かい凹凸を拾って研磨するとこんな感じになります
a0139843_20493401.jpg
明日はシートの取り付けブラケットの製作とリヤフェンダー後部のステーの製作です
a0139843_20495259.jpg
製作途中の写真は撮り忘れました ごめんなさい
a0139843_20515752.jpg
今日もお疲れさまでした。

Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-12 20:52 | W650/400

W650 オートレーサー風シートカウル製作

 W650の続きです
オートレーサー風のシートベースの製作です
a0139843_20404004.jpg
まずが型紙
a0139843_20414772.jpg
鉄板切り出して溶接
a0139843_20420864.jpg
車体に合わせて眺める
a0139843_20423097.jpg
次はカウル部分 まずは木を切ってアンナイを製作
a0139843_20432525.jpg
ボール紙をあてて展開を決めます
a0139843_20440153.jpg
絞りが必要な部分が分散するような展開にするのがポイント
a0139843_20450754.jpg
三次曲面なのでアルミで製作します。
鉄の方が雰囲気が出る気がしますが、掛かる時間も倍増しますので
(予算の都合でございます)
a0139843_20474725.jpg
とんとんとん
a0139843_20481013.jpg
キンキンキン
a0139843_20483062.jpg
続きは明日、ちなみにこのブログの作業は約2時間ほどの内容です。案外簡単なんですよ。
(ここからが大変なのですが・・・)
a0139843_20511928.jpg
今日もお疲れさまでした。


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-11 20:52 | W650/400

W650 ハードテイルの続きの続きの続きの続き

 今日はW650の作業を進めました。
ガソリンタンクの取り付けとリヤフェンダーの取り付けです。
こんな感じ、シート・ハンドルは仮です
a0139843_20324907.jpg
リヤフェンダーの取り付けブラケットの溶接風景です
後ろ回りが取れると楽ちん
a0139843_20335043.jpg
次はタンクのステー付け
安心・安全の三点ラバーマウント 二枚ステー 面接合 
15年・100台近くこの方法でガソリンタンクを取り付けていますが、
一台も壊れてません。
a0139843_20364656.jpg
分割タンクは左右の取り付けバランスが難しいですね、
仮溶接に随分と時間を使ってしまいました。
タンクキャップは最後に溶接、右左の角度・高さをそろえます
a0139843_20391125.jpg
明日はシートベースの製作です。オートレーサーみたいな奴を作ります
(画像はパクリ ヤフーオークションにでてましたが車体とのバランスと乗り心地の都合で一から製作します)
そーいえば以前、現役のオートレーサーの子がMOTORROCKでバイトしてたんですよ、
凄いでしょ ただの自慢ですが、
a0139843_21143978.jpg
ちょいちょい要望があるので、細かくデータを取って商品化を検討しよっかな
a0139843_20413032.jpg
カッコイイバイクになりそうです(します)
a0139843_20422867.jpg
今日もお疲れさまでした。



Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-10 20:42 | W650/400

W650 Vintage Scrambler

ホットロッドショーお疲れさまでした。
そして今年もあと一ヶ月、最後まで楽しんでいきましょー

今日はヒョウドウ君のW650の作業再開です。
a0139843_20413856.jpg
ボンネビルタンク 製作用素材を使用した分割タンクです
a0139843_20431365.jpg
上下の幅が大きいので下面をカットします。
切りっぱなしはダサいので内側に板金
a0139843_20444701.jpg
トンネルの側面はフラットだと著しくカッコ悪くなりますので、フレームに少しかかるような寸法に曲げます
センターにカバー等を付けずフレームを見せる場合はフレームの4分の3から2分の1程度が見えるのが美しいです
(取り付けボルトを取り外しするのに工具がすんなりはいる寸法が理想です)
 
ちなみにM8ボルトで取り付けした場合 一般的なソケットレンチの外形は14mm 余裕を持って取り外しできる寸法は20MM
メインチューブが45MMのフレームだっったら片側12.5MMフレームにかぶり
センターの隙間が20mmぐらいが日常のメンテナンス性とルックスを保った寸法になります
フレームの真上に取り付けボルトを配置し
なおかつタンクの割れ面をフラットにした場合ですが
(勿論車両のコンセプトやお客様の性格によってベストな寸法は違います)

モーターショーでトロフィーをもらうようなバイクを揶揄する気はまったくありませんが
カスタムバイクの評価は納車の時ではなくその2~10年後だと思ってます

カッコイイバイクを作るのは簡単です
でも人を幸せにするバイクを作るのはとても難しい。


a0139843_20462167.jpg
仮ずけ 溶接面の接合の仕方を迷いますが、今回はあえてピン角雑仕上げ
その方が車体の雰囲気にあうと思うんですね 溶接ビードもあえて残します
納車した時の満足感はあたりまえですが、問題なのはその後、乗って楽しく 弄って楽しく
もっともっとバイクを好きになってもらえるような車体にすることを狙います
a0139843_20481606.jpg
溶接 底板やステーの取り付けをする前にバフ研磨に出します。
鍍金仕上げのためですね
a0139843_20491998.jpg
今日もお疲れさまでした。

Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2017-12-04 20:50 | W650/400