片桐 タカノリ

カテゴリ

全体
Full Order
SR400/500
W650/400
ESTRELLA
grasstracker
250TR
Harley-Davidson
Z
CB
XS
Parts
Other
ガソリンタンクの加工の仕方
Private
event
12・24ヵ月点検(車検整備)
車検
納車整備
日常点検・整備

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

画像一覧

カテゴリ:ガソリンタンクの加工の仕方( 6 )

Katagiri / MOTOR ROCK

ガソリンタンクの加工の仕方⑥

 今日はバーリングの仕方
製作板金の世界では当たり前の作業なのですが、
カスタムバイク業界では浸透していないのが現状です。
もちろんMOTORROCKでは開業当初から当然のように施行しています。
a0139843_23522646.jpg
誤解しないで下さいね、他店の作業を否定したいわけではありません。
タンクなんて漏れなきゃいいんです

業界全体のレベルの向上が僕自身の利益に繋がるのと
商品の詳細を知ることでオーナー様の所有感の上乗せ
はたまたSHOP様が予備知識として
知ってるだけでも価値があるかなと思いますので書いてます。

a0139843_23524600.jpg
薄肉の平板に直角方向に溶接する際に溶接部分の剛性を上げて溶接による熱変形を抑える
合わせの手法です

輸入部品の1.2MM厚のタンク素材 溶接部分が曲面のタンク 
などは施行しなくても大きな問題はありません。
主に国産純正0.8MMタンクや曲面が少ないフラットな面のガソリンタンク製作時には
必須です
a0139843_00024607.jpg
こんな感じの金型でプレスするのが基本ですが、
バイクのカスタムタンクの場合、雌型の当たり面を
タンクに合わせてた3次曲面にする必要があります
グラインダーでタンクに合わせて少しずつ削ります

嘘です

量産品ならマシニングで完璧な型を製作する意味もあるかと思いますが、
ワンオフ品でそんなことしてたら仕事になりません
a0139843_00064674.jpg
答えは簡単 雄型だけで下から棒で叩き上げて成型します
(トンネルの深いタンクはタンク自体が変形してしまいます、
トンネル部分をカットする前、もしくは溶接後
全体の剛性が高い状態で施行します、作業手順をよく考える必要があります)
a0139843_00102035.jpg
雌型無しで、無理矢理加工するので真円になりません
下の写真のように楕円になって隙間が空いてしまう事も多々あります
a0139843_00105355.jpg
そのまま溶接したらダメですよ、溶接棒を入れる必要があるような仕事をしていたら
バーリングの意味がありません
a0139843_00130622.jpg
仮付けをしながら、こんな風にハンマリングして隙間を埋めます。
板の端を叩くのでハンマーの打痕は溶接したら消えます
a0139843_00144065.jpg
ピッタシ! 手間暇を掛けているように見えますが、
穴開けから溶接まで10分以内の作業です
a0139843_00155162.jpg
溶接棒を使わず、共付けという手法で溶接します
美観のためキャップを低く取り付けることができますし、
鍍金仕上げの時の下処理は勿論、パテ成型の手間 溶接不良のガソリン漏れの防止などなど良いこと尽くめです。
(ステンレスや鍍金された口金を使用する場合は溶接棒を使うなど素材に合わせた溶接が必要です)
a0139843_00224446.jpg
母材の一部を溶接棒の代わりにするため上の画像のような、口金と平行になるプレス加工が理想です
下はダメな例 下穴と金型の寸法をしっかり考えましょう
a0139843_00251382.jpg
今日は書きませんがアルミタンクの場合は逆方向にプレス加工します。
ちょっと頭を使う必要がありますが、ヒントはフラット面がないなら作れば良い ですかね
a0139843_00310647.jpg
理由はアルミの場合、溶接ビードが大きくなってしまうのでタンクの内側から溶接します
後々の仕上げの手間を省くためですね
a0139843_00322567.jpg
少しずつ、丁寧に丁寧に削って・・・
そういう作業が必要な時もありますが、それが全てではありません
本物の職人は楽する技も知ってます
(ボクは偽物の職人なので楽することしか知りませんが)

今日もお疲れさまでした。


Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-11-17 00:35 | ガソリンタンクの加工の仕方

ガソリンタンクの加工の仕方⑤

久々にガソリンタンクの加工の仕方シリーズです
今回は縦詰めの仕方です、
期間が空いてしまったので興味のある人は前回までの記事も読んでくださいね

結論から書きますと
真ん中を詰めるのではなく下部をカットして板金で丸くするのが正解です
あらゆる作業に言えることですが、いかに溶接せずに 
もしくは溶接箇所を少なくする方法を試行錯誤することが大事です

まずは切ります、
このあとカット面を丸く曲げるのですが、その分さらに短くなりますので注意
a0139843_20510071.jpg
カット面にあわせて肉厚のパイプを曲げます
a0139843_20533469.jpg
当て金完成
a0139843_20540945.jpg
簡単に当て金を交換できるようにと、左右反転して当て金を固定できる台座です
a0139843_20552864.jpg
タンクを固定
a0139843_20555317.jpg
もうわかりましたね、特別な技術とかじゃないんです。

板金の基本、正確な当て金の製作 と 固定

当たり前の事を当たり前に、それを簡単で短時間にするにはどうしたらよいか考える

それだけです、
真ん中詰めて前後の帳尻合わせて溶接して、アールを合わせるために叩いて・・・・
技量が伴ってないヘタクソだから結局パテ頼み
間違いとは言いませんが、四つに切って真ん中抜いてなんて作業は
本来は平板から叩き出すより難しい作業なんです

そーいうのもうやめましょー
a0139843_21014683.jpg
実は猿でもできる簡単な作業です
a0139843_21022252.jpg
板の角を叩いて曲げるので打痕もつきません
パイプの直径を変えればアールも選べます
理屈をいうと前後を固定しながら曲げる事で絞るんです
上手に絞れない人はスリットを入れると良いですね
a0139843_21043071.jpg
違いがわかるかな?
応用すれば前後の派詰めにも使えます
a0139843_21052996.jpg
はい完成 自然に小さなタンクになりました
a0139843_21061244.jpg
今日もお疲れさまでした。








Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-11-07 21:07 | ガソリンタンクの加工の仕方

ガソリンタンクの加工の仕方④

今日は意外とアクセスが多いガソリンタンクの加工の仕方です
今回は上下の幅詰めについて書きますよ。
a0139843_21135997.jpg

作業前に2点ほど重要事項
①どんなタンクにしたいのか? これが作業前に頭にあることです。

②なぜ平板から作らず、既製品を加工して製作するのか? その理由を忘れない事

①は大きく分けて2種類
一つは底板接合部を切りっぱなしなデザインに
スポーツスターのタンクがその代表ですね、板金の基本としては完全に手抜きなのですが
あえてそうすることで
体全体をシャープな印象、
もしくはビンテージレーサーの手作り感あふれた雰囲気を狙えます。
a0139843_21280570.jpg
もう一つは底板接合部を丸く曲げて
タンク自体をリサイズして、初めからそうだったような・・・
本当に一から作ったようなタンクにしたいときに施行します。

要は改造したタンクに見せたいのか? それとも改造したタンクに見せたくないのか? 
ってことですね

問題なのは後者これについて後程書いていきますね
前者についてもウンチク沢山ありますが、それはもう少し先になります
a0139843_21331161.jpg
②のなぜ既製品を加工するか? ですが
これは技術不足を補うためと作業時間を短縮して安価に収めるためですね。
平板からたたき出したほうが、自由に そして良い物ができます。
(製造業の方ならわかりますよね?
一から作る場合と
既に出来上がった物を寸法を変えて作り直す場合どちらが良い物ができるか?)

なにが言いたいかといいますと、
手間をかけたら既製品を加工してる意味がないということです。

以上を踏まえて実作業のポイントに入ります
まず裁断箇所これはタンクの種類によってかわります。
1Rタンクの場合(タンクの種類についてはガソリンタンクの加工の仕方① 参照)
a0139843_21520799.jpg
底板まで丸くなってますので、リサイズしたい場合は真ん中 変化を付けたい場合は下側に寄せて切ります
下側に寄せて切る場合はカット面を切りっぱなしにするか 内側に板金して4Rタンクに変えてしまうかの選択肢があります
詳しくは次の2Rタンクと4Rタンクのカットの仕方を見てくださいね。
a0139843_21583049.jpg
はい 上の画像は悪い例です

2Rタンク・4Rタンクを自然に丸くしたい場合ですね
(底板接合面を切りっぱなしの場合は好きなところでカットすればよいです)
よくあるカットして詰める分、寸法が足りなくなる部分を追加、もいくは余る部分を左右にカットして帳尻合わせ
これ最悪です(ダメではないですが)

溶接個所を決めるルールとしてアールの頂点を理想として、
なるべくフラットな面は避けます
正しいカットの仕方と理由を含めて次書きます

今日はここまで

お疲れさまでした。




Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-04-19 21:44 | ガソリンタンクの加工の仕方

ガソリンタンクの加工の仕方③

 今日はガソリンタンクの加工の仕方続きです。
仮溶接と溶接です。
a0139843_21260422.jpg
まずは点付けです。 
50mmぐらい間隔で複数箇所溶接します。
両端を溶接してからではなく片側から順番に仮溶接していきます。
(写真では端面を折り返してリブを立ててますね、でもこれ本当は良い方法ではありません
本来はフラットな状態に仕上げてから
治具をつかってプレス加工でリブをつけるのが正解です
溶接で肉盛りしたり削って成型するような手法は薄肉の板金では御法度、
板材のまま求める形に成型する手法を考えることが上達の近道です。
写真のタンクは・・・・治具を作るのが面倒くさくて・・・ゴメンナサイ只の手抜きです)
a0139843_21545904.jpg
話がそれました。リブについてはまたこんど
点付けで大事なのは板と板が互い違いにならないこと、
重なってしまったりしたらゴミ同然です
上の絵は悪い例ですね
a0139843_21525967.jpg
こちらが良い例
両端をを点付けするのではなく、片側から止めるのは
二つのパネルの端面の円弧の長さが同じでない場合、
必ず余った部分がずれてしまうからです
手作業の誤差の辻褄を合わせる部分を踏まえて作業工程を考える 基本ですね
a0139843_23002503.jpg
とはいっても、仮付けしてくうちに歪んでしまったりします。
ボクは写真のように細いマイナスドライバーで板を上下に押しながら
点付けしていったりします。もちろん時には当て金とハンマで成型したりもしますよ
a0139843_23034273.jpg
沢山仮付けするのは、本溶接の時に熱で収縮して
板の合わせ面がずれないようにするためです。
合わせ面のズレをとことん嫌うのは、
溶接後のスムージングやハンマーによる成型作業を楽に進めたいからです。
板が重なってしまったりしたら
殆どハンマーによる板金作業はできなくなるといっても過言ではありません。
a0139843_23141686.jpg
次は本溶接ですね、仮付けと違い今度は両端→真ん中→両端→両端の順番で
今溶接した箇所より遠い箇所を30mmぐらい溶接していきます。
母材に熱がこもるのを避けるためですね。冷ましながら溶接するわけです。
パテ成型はもちろんハンマーやドリーなどの当て金、イングリッシュホイールなどの重機を使うとしても
次の作業を少しでも楽にするため、丁寧な作業が大事です。
a0139843_23260258.jpg
溶接終了、ビードの周りの変色した部分の広さで
どの程度の熱が加わったかよくわかりますね
沢山溶かしたら良いって訳でもなく
特に薄肉の素材に関しては裏まで溶けるギリギリを狙います
溶かし過ぎて裏が出すぎるとフラットにスムージングする際、次の作業が大変になります。
a0139843_23314179.jpg

タンクの形状や求める仕上がりによってはバックシール
(治具で裏からアルゴンガスを当て酸化を防ぎ、冷却しながら溶接する手法)
をしながら溶接したりします。
a0139843_21501277.jpg
綺麗な溶接ビードが引きたいのではなく、あとから板金成型する際に楽したいからです。

ナマケモノなボクは次の作業をどうやって楽するか いつもそればかり考えてます

今日もお疲れさまでした。




Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-04-04 22:57 | ガソリンタンクの加工の仕方

ガソリンタンクの加工の仕方②

 今日はオフラインでしたね 皆さん楽しい買い物はできましたか?
ヒョードー君バイク貸してくれてありがとね、お疲れさまです。

さてさてガソリンタンクの加工の仕方 その②です
まずは基本中の基本の幅詰め
a0139843_21043804.jpg
半分に切って細くする奴です
写真のようにV字にカットして前だけ細くしたり
逆に切って後ろだけ細くすることもできます
セパハンの付く車体は前を細くしたり、シートの形状に合わせて後ろを細くしたり
他の取り付け部品にあわせたりするときにそーします
でもそれだけじゃないんです
a0139843_21065274.jpg
上下にV字に切って上側を細くしたり 逆に下側を細くしたりできます

ちなみにタンクの上側を細くすると視覚的にはタンク自体は小さく 平たい印象に
見た目より容量が入るようになります。

逆に下側を細くすると、タンク自体は大きく グラマラスな印象になります
見た目より容量は入らなくなります。

一般的にスポーツスタータンクなど平面が多くアールが少ないタンクは
車両全体のカッコイイシルエットを構成するために
タンクのシルエットの印象が薄くなりがちなので
下側を細くしてタンク自体の印象を強い物にすることが多いです。

たかがカットでも4通り
リブを立てたり、板金の仕方でさらに3通り 大まかに12種類の方法があります
最低でも完成車両のイメージが頭の中にないと意味がありませんが
その都度使い分けてます。
お客様に相談しても混乱される場合が多いので
細くするか太くするかの打ち合わせをして
他の会話でその人の好みを探り
僕の独断と偏見で決めてます。
(デザインスケッチや粘土などでサンプルを作ってくるぐらいコダワリが強いお客様や
完成車両のイメージがハッキリしてるお客様の場合はそれを忠実に再現します)

まだまだ続きますよ。次は仮付け・溶接編です

Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-04-01 21:22 | ガソリンタンクの加工の仕方

ガソリンタンクの加工の仕方①

 今日は、ガソリンタンクの加工の仕方について書きますよ。
普通のお客様にとっては関係ないことです。
改造バイクに関わる業者様や
なんでも自分でやりたい個人様の参考になればと思ってますが、
あくまでボクのやり方・考え方 良いとこ悪いところあると思いますので
自分で考えてその人なりのベストを追求してもらえたらと思います。

長くなりますので数回に分けてかきますね
a0139843_21283262.jpg
まずは、チョップタンクの作り方
純正のガソリンタンクや汎用品を加工して、小さくしたり 大きくしたり 凹ましたり 
リブを付けたりして
オリジナルのタンクを作る方法です
一般的にカスタムショップのワンオフタンクは
この製作方法で製作しているものが多いです。
利点としては

・平板から叩き出すより大幅に時間を短縮できる

・ベースのタンクの形であらかじめ完成後の形を想像しやすい

・ハンドメイドの板金では難しい・エッジや極小アールを表現できる

・ビンテージ デッドストックなどなど付加価値の高いベースタンクを使用することで
 顧客満足を高めることができる

そんなところですかね

今回は良くある左右・上下の幅詰めタンクについて解説します

んで
まずはベースとなるタンクの種類、大きく分けて3種類、素材の板厚の違いで6種類あります
それぞれ作業内容が微妙に違ってきます。

まずはこれ

断面を見てもらえばわかると思いますが、上面のR 上面から側面に変わるR 
側面はほぼフラットで構成されてます
スポーツスタータンクがその代表ですね 
センターに継ぎ目が無くプレスでドカーンと抜いてる
コストパフォーマンスの高いタンクです
僕はこの形状を2Rタンクと呼んでます
(実際は3字曲線で構成されているので無限のRの集合ですけどね)
a0139843_21423469.jpg
次はコレ 上面のR 側面のR 下面のR 底板のR 全てが曲面で底板がない形状のタンク
マスタングタンクやエッグタンクの形状です
ボクはこのタイプを1Rタンクと呼んでます
a0139843_21480825.jpg
最後はコイツ 上面のR 上面から側面に変わる小さなR 側面のR 側面から底板に繋がる小さなR
画像はボンネビルタンクですが、純正のガソリンタンクに良くある形状です
このタイプは4Rタンクと呼んでます
a0139843_21534666.jpg

それぞれ近年の日本車純正の板厚0.8MMと外車・旧車の板厚1.2MMがあります


大きく分けて1Rタンクとそれ以外では加工方法が違います

・・・・疲れた
今日はここまで、本気で長くなりますので続きは明日書きます
マニアック過ぎると思います、
完全にプロ向けに書いてますので興味の無い方はスルーでお願いします。

今日もお疲れさまでした。




Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-03-25 22:02 | ガソリンタンクの加工の仕方