片桐 タカノリ

カテゴリ

全体
Full Order
SR400/500
W650/400
ESTRELLA
grasstracker
250TR
Harley-Davidson
Z
CB
XS
Parts
Other
ガソリンタンクの加工の仕方
Private
event
12・24ヵ月点検(車検整備)
車検
納車整備
日常点検・整備

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

画像一覧

平成31年?

 あけましたよ

冬休みも残りわずかです
皆様、有意義な時間を過ごすことができたでしょうか?

さてさてボクは引き込もってます

ジャン! 見覚えのあるフレームのデータ取りですね
a0139843_21315866.jpg
詳しく書くと抹殺されそうなので、メーカーや車種は伏せておきます
もちろんコピー品を作ろうとしているわけではありません。
自社の商品開発のスピードアップと品質向上のためです。
a0139843_21340980.jpg

最近車を弄っていると外車は部品に困らない事を身にしみて感じます。
日本車の欠点、純正部品の供給とリプロダクト文化の欠如

この国特有の使い捨て文化ですね

リプロパーツは品質が悪い 多々あることですが、そりゃそーです 
メーカーの1000分の1以下の資本の中小企業が、少ない人数で作ってますからね、
簡単に良い物はできません。あるだけ良しとしましょう

ハーレーダビットソンが100年続いている一つの理由だと思います
a0139843_21422890.jpg
嘆いていてもなにも変わらないので、小さな一歩を踏み出します

サービスマニュアルの3面図と現物を計りながら、3Dデータを起します

外装部品のクリアランス管理や
サスペンションの設計時にホイールアライメントの変化の計算を容易にしたり
取り扱い説明書やパーツリストで商品管理
新商品のプレゼンテーション
構造物の重量・重心 強度計算まですることで、
改造することでの物の性質の変化を事前に予測

上げたら切りが無いのですが

全てはワンランクレベルの高い仕事をするための下準備です
a0139843_21470038.jpg
大まかなデータができたら軸間距離・オフセットを正確に測定して寸法を補正します
その後、溶接箇所を全て外して各板金部品・曲げパイプを再度計測、
切り刻んで材料の肉厚やパイプ内部の構造を元に再度データ修正、
細かいパーツの金型まで設計しておくつもりです。

先は長いですが、少しずつ進めていけたらなと思ってます。
今日もお疲れさまでした。




Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2019-01-02 21:56 | Other