片桐 タカノリ

カテゴリ

全体
Full Order
SR400/500
W650/400
ESTRELLA
grasstracker
250TR
Harley-Davidson
Z
CB
Parts
XS
サイレンサーの作り方
Other
ガソリンタンクの加工の仕方
Private
event
12・24ヵ月点検(車検整備)
車検
納車整備
日常点検・整備

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

画像一覧

ガソリンタンクの加工の仕方④

今日は意外とアクセスが多いガソリンタンクの加工の仕方です
今回は上下の幅詰めについて書きますよ。
a0139843_21135997.jpg

作業前に2点ほど重要事項
①どんなタンクにしたいのか? これが作業前に頭にあることです。

②なぜ平板から作らず、既製品を加工して製作するのか? その理由を忘れない事

①は大きく分けて2種類
一つは底板接合部を切りっぱなしなデザインに
スポーツスターのタンクがその代表ですね、板金の基本としては完全に手抜きなのですが
あえてそうすることで
体全体をシャープな印象、
もしくはビンテージレーサーの手作り感あふれた雰囲気を狙えます。
a0139843_21280570.jpg
もう一つは底板接合部を丸く曲げて
タンク自体をリサイズして、初めからそうだったような・・・
本当に一から作ったようなタンクにしたいときに施行します。

要は改造したタンクに見せたいのか? それとも改造したタンクに見せたくないのか? 
ってことですね

問題なのは後者これについて後程書いていきますね
前者についてもウンチク沢山ありますが、それはもう少し先になります
a0139843_21331161.jpg
②のなぜ既製品を加工するか? ですが
これは技術不足を補うためと作業時間を短縮して安価に収めるためですね。
平板からたたき出したほうが、自由に そして良い物ができます。
(製造業の方ならわかりますよね?
一から作る場合と
既に出来上がった物を寸法を変えて作り直す場合どちらが良い物ができるか?)

なにが言いたいかといいますと、
手間をかけたら既製品を加工してる意味がないということです。

以上を踏まえて実作業のポイントに入ります
まず裁断箇所これはタンクの種類によってかわります。
1Rタンクの場合(タンクの種類についてはガソリンタンクの加工の仕方① 参照)
a0139843_21520799.jpg
底板まで丸くなってますので、リサイズしたい場合は真ん中 変化を付けたい場合は下側に寄せて切ります
下側に寄せて切る場合はカット面を切りっぱなしにするか 内側に板金して4Rタンクに変えてしまうかの選択肢があります
詳しくは次の2Rタンクと4Rタンクのカットの仕方を見てくださいね。
a0139843_21583049.jpg
はい 上の画像は悪い例です

2Rタンク・4Rタンクを自然に丸くしたい場合ですね
(底板接合面を切りっぱなしの場合は好きなところでカットすればよいです)
よくあるカットして詰める分、寸法が足りなくなる部分を追加、もいくは余る部分を左右にカットして帳尻合わせ
これ最悪です(ダメではないですが)

溶接個所を決めるルールとしてアールの頂点を理想として、
なるべくフラットな面は避けます
正しいカットの仕方と理由を含めて次書きます

今日はここまで

お疲れさまでした。




Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2018-04-19 21:44 | ガソリンタンクの加工の仕方