片桐 タカノリ

カテゴリ

全体
Full Order
SR400/500
W650/400
ESTRELLA
grasstracker
Harley-Davidson
Z
CB
XS
Other
Parts
Private Bike
event
12・24ヵ月点検(車検整備)
車検
納車整備
日常点検・整備

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月

画像一覧

74スプリンガーにSRのドラムブレーキをセットアップ

 きょーは、74スプリンガーにSRのドラムをセットアップ。
といっても、4年前の仕事ですが、強度不足な気がしたので車検ついでに一部やり直しです。

a0139843_22592774.jpg


まずはドラムブレーキの固定部分をカット、20mmの穴をあけます。ボール盤で十分ですがアクスルに対して並行にあけます。

a0139843_2311751.jpg


M10P1.25のメスネジを切ったアルミカラーを制作、取り付け位置を出すために段付きに制作します。

材質は5052で制作しました。超超ザックリですが純アルミが1000番台、 2000 3000 4000と千の桁が合金の種類を表します、それぞれ靭性 延性 耐食性 切削性 溶接性 アルマイト・メッキなどの表面処理の適正 などなど特色があります

一般的に剛性が高く丈夫なものほど延性、溶接性は悪くなり、切削はしやすくなります。
逆に柔らかい純アルミにちかいアルミは、切削しにくく(切削屋さんいわく、粘る、食いつくって感じです) 溶接や板金はしやすいです。

ザックリですがバイクの部品だと、フレーム 三股 スイングアーム などの強度部材は7000番台 手工具の板金でタンクやフェンダーを制作するには、1000番台 5000番台を使用します。 
ちなみに材料屋さんに、普通のアルミちょーだいっていうとA5052の物がきます。まー溶接もしやすくて
切削もできるよって感じの物です、板金での立体造形も可能ですが、溶接ありの構造でスムージングしてバフ仕上げにするならちょっと考えた方がいいかもです。

a0139843_2325432.jpg

んでカラーをセット、裏はこんな感じ

んで溶接、ちなみにアルミにネジを切りますので当然ヘリサートにするのですが、溶接してからにします。
a0139843_23281572.jpg


裏側も溶接
a0139843_23285464.jpg


バフ掛けとヘリサート
a0139843_23293762.jpg


絶対に外れてはいけないボルトなので割りピンも入れます、ドラムパネルの裏側なので整備性は若干悪くなりますが(表に割りピンがくる構造にもできますが、緩んだ時の増し締めや部品点数、当店の設備などから、これがベストと判断しました。)
a0139843_2331793.jpg


たまには、ウンチク語ってみます(笑) アルミ合金の材質に関してはすご~くザックリ(厳密に言うと間違ってるので自分で作業する人は自分でしっかり調べてくださいね)


お疲れさまでした。
Katagiri / MOTOR ROCK by motorrock | 2014-09-13 23:36 | SR400/500